●よくある質問  ●個人情報保護方針

「U-16プログラミングコンテスト」とは

パソコンやプログラミングに興味がある16歳以下の学生(高校生、中学生、小学生)を対象に、ITの関心を深めてもらい将来のITエンジニア育成に繋げることを目的とした、2011年9月に北海道旭川市で開催したのをきっかけに日本各地で開催されているコンテストです。上級生が下級生にプログラミングを教えるのも大きな特徴です。


第3回U-16山梨プログラミングコンテスト2020



開催報告2020

令和 2 年11月21日(土)、山梨県立図書館を会場に 『 第3回 U 16 山梨プログラミングコンテスト 』 が開催されました。 U 16 プログラミング コンテストは、旭川からスタートした、パソコンやプログラミングに興味がある16歳以下の児童生徒(高校生、中学生、小学生)を対象に、 IT の関心 を深めてもらい将来の IT エンジニア育成に繋げることを目的とした、日本各地で開催されているコンテストです。 参加者が作成したプログラム同士を戦わせる「競技部門」、デジタル作品を審査員が評価する「作品部門」で構成されています。今年度は、新型コロ ナウイルス拡大の影響を考慮し、「作品部門」のみを開催し、参加者のご協力もいただき、感染対策に十分な配慮を行い開催いたしました。 お蔭様をもちまして、作品部門4名の参加に加え、父兄の参加もいただき 例年以上の盛り上がりをみせ、無事に終了することが出来ました。


開会挨拶 会場の様子
開会挨拶 大橋太郎氏

作品部門

作品部門は、コンピュータグラフィックス(静止画、動画、アニメーション)や Web ページや自作のプログラムなど、自由に作成したデジタル作品を審査員が評価する部門です。参加者の皆様には短時間で作品をご紹介いただき、それについて審査 員による質疑応答が行われました。自作のアクションゲームやクイズ問い読みアプリなど、参加者全員が工夫を凝らし、こだ わりを持った作品を提出いただきました。

【結果発表】
金賞:小学6年生の堀江晃太郎さん
銀賞:高校1年生の吉川椛さん
銅賞:小学6年生 の小池楓さん
審査員特別賞:小学3年生の吉田怜一さん

発表風景 発表風景

第1発表者 小池楓さん & 第2発表者 吉田怜一さん



発表風景 発表風景

第3発表者 堀江晃太郎さん & 第4発表者 吉川椛さん




皆様のお力を得て、『第3回U-16山梨プログラミングコンテスト』は無事に日程を終えることができました。
次回の開催にご期待ください。

表彰式 表彰式
金賞受賞表彰式の様子 & 集合写真



主催 U-16山梨プログラムコンテスト実行委員会
事務局NPO 法人山梨 ICT& コンタクト支援センター
共催 山梨県高等学校教育研究会工業教育部会
後援 経済産業省関東経済産業局/ 山梨県 / 山梨県教育委員会 / 甲府市
甲府市教育委員会 / 甲斐市教育委員会 / 笛吹市教育委員会 / 甲府商工会議所
NPO法人ITジュニア育成交流協会 / 山梨大学 / 山梨県立大学 / 山梨英和大学
山梨学院大学/ サンテクノカレッジ
山梨放送/ 山梨日日新聞/テレビ山梨/ エフエム富士
協賛 ㈱大塚商会/クオリティソフト㈱/ ㈱シー・シー・ダブル
SOMPOシステムズ㈱ / トレンドマイクロ㈱ / 日興通信㈱ / ㈱バッファロー
ピー・シー・エー㈱/ ㈱豆蔵ホールディングス / ㈱フォーラムエイト
NPO法人ITジュニア育成交流協会

PDF版2020開催報告



過去の開催概要


 ・2019年『第2回U-16山梨プログラミングコンテスト』
  PDF2019版開催報告


 ・2018年『第1回U-16山梨プログラミングコンテスト』
  PDF2018版開催報告

このページのTOPへ


- Copyright © 2012-2020 山梨ICT&コンタクト支援センター All rights reserved.