●よくある質問  ●個人情報保護方針

NPO法人概要

「産・官・学」のキーパーソンが結集 元気な未来の山梨をつくります
名称:
特定非営利活動法人山梨ICT&コンタクト支援センター
主たる事務所:
山梨県甲斐市竜王新町1901-1
目的:
広く山梨県内及び県外周辺地域の一般住民・団体・事業者等に対し、ユビキタス社会に対応できるICT(情報通信技術)関連業務並びにコンタクトセンター(企業等において、顧客への対応業務を専門に行う事業所・部門)業務に従事する人材の育成及び人材の登録・紹介事業を実施するとともに、これら住民・団体・事業者等が用意に情報化ネットワークに参加できるよう環境整備を推し進め、質の高い保健・医療・福祉・健康情報サービスや自治体・公共・団体サービスを構築し、運営事業を実施することにより、地域雇用及びビジネス機会の創出とより豊かな住民生活を実現し、地域社会の発展に寄与すること。
事業:
(1)ICT並びにコンタクトセンター関連の人材育成事業及び人材登録・紹介事業
(2)保健・医療・福祉・健康情報サービスや自治体・公共・団体サービス提供のための環境整備・サービス化推進事業
(3)保健・医療・福祉・健康情報サービスや自治体・公共・団体サービス提供のためのコンタクトセンター運営事業
(4)ICT並びにコンタクトセンター関連スキル・コンテスト実施及び表彰事業
(5)ICT並びにコンタクトセンター関連人材育成に係る中国等アジア諸国との国際交流事業

金成葉子(かなり ようこ)

山梨NPOの設立発起人、初代理事長
株式会社シーシーダブル 代表取締役社長
山梨市出身、1978年に東京・新宿で株式会社シーシーダブル設立
2007年甲府市に(株)YS&S設立、09年山梨事業所開所
一般社団法人 日本コンピュータシステム販売店協会 副会長
一般社団法人 コンピュータソフトウェア協会 理事
一般社団法人 日本コンタクトセンター教育検定協会 元理事
特定非営利活動法人 山梨ICT&コンタクト支援センター 理事長
関東ITソフトウェア健康保険組合 理事
日本ITソフトウェア企業年金基金 理事


奥田喜久男 (おくだ きくお)

株式会社BCN 社長 1949年岐阜県出身。
71年、大学卒業後、電波新聞・編集記者を経て、
81年コンピュータ・ニュース社(現社名・BCN)を創業。
同年、週刊BCN(BUSINESS COMPUTERNEWS)を創刊。
この間、パソコン、インターネット、ブロードバンド、e-Japan構想、電子政府、デジタル時代の動向を追う。
98年、IT商品の実売情報「BCNランキング」のサービスを開始。
2000年、IT商品の年間優秀商品を保証する「BCN AWARD」を制定、毎年1月に表彰式を開催、
2005年3月にはフリーマガジン「月刊BCNランキング」(13万部)を創刊


西野弘(にしの ひろし)

1979年 早稲田大学教育学部卒業。
1975年 スウェーデン王国ヨーテボリ大学留学。
全日空商事(株)入社等を経て、
1991年(株)プロシード設立、代表取締役に就任し現在に至る。
また総務省次世代携帯ビジネスモデル研究会委員、沖縄県産業振興審議
会委員、スウェーデン王国王立サムハル社会福祉事業団日本代表、
特定非営利活動法人 itSMF Japan(ITサービスマネジメントフォーラムジャパン)副理事長を務める。


このページのTOPへ

- Copyright © 2012-2017 山梨ICT&コンタクト支援センター All rights reserved.